嘉嘉的愿望

紗夢猫である。私にとって三度目の青山の夏、凛太郎は二度目の夏。
 最初の夏は、梅雨どきにセーターを引っ張り出して着るほど寒い日があり、夜半は冷え込むこともあり、夏中、ほとんど長袖パジャマで過ごした。
 二度目の夏は、去年より暑いなと思いながらも、やはり梅雨どきには寒い日もあり、凛太郎と一つベッドで共に寝るという悪しき?習慣を崩すこともせず、夜半は冷え込むので、仲良く寝る日が続いた。ふたりバラバラに寝たのは1日だけだった。
 
 しかし、今年はあまりに暑い。ここ五日ほどめちゃくちゃ暑い。とうとう昨日炬燵を片付けた。梅雨どきの寒い日は今年は無いと見た。
 三日前の夜は、共に寝る凛太郎に腕(かいな)を貸さず、あんた勝手に寝よしと自分だけ眠りに入ろうとしたら、せつなさそうにクーンクーンとしつこく鳴く。どうして欲しいのかわからず、シッコかと思い連れていっても違う。このクソ暑い夜でも私にくっついていたかったようで、抱いてやったら鳴くのを止めた。どのみち寝てしまったら、凛太郎は自分の気持ちの良い場所に移動するのが常なのだが、寝しなはくっついていたいらしい。そうか、寝しなはお母さんにくっついて寝ていたいのだな、暑いけれど、まっいいか、そう思った三日前。
 そして昨夜も暑いけれど、最初はくっついて寝ていた。夜中にクーンクーンと鳴く。鳴いても私が起きないので舐め始めた。今夜はシッコだろうと連れていったら違う。またベッドに連れ戻り、私は眠りに入ったが、しばらくしたらまた鳴くは舐めるは、なんとしても私を起こす努力をしよる。かわいい声で鳴くので怒ることもできず、どうして欲しいのかもわからない。何より私は眠い。

 だいたいベッドから降ろすと、上げてくれ上げてくれとうるさいヤツなので、私の選択肢の中には降ろすということは入っていなかったが、あまりにうるさく(と言っても可愛い小さな声で静かに鳴いているだけなのだが、しつこい)私の睡眠の妨げになること甚だしく、ついにベッドから降ろした。オシッコやったら勝手に行ってきてと言い、帰って来たらまた鳴くやろなーと夢うつつで思いつつ。
 ところが、ついに鳴くこともなく、私はその後、朝までぐっすり眠った。結局、凛太郎も暑くてベッドから降りて一人にいや一匹になりたかったようだ。私が目覚めた時、彼は床の間に鎮座していた。

 ちなみに凛太郎は、ベッドに飛び乗ることは出来ないが、降りることは出来るので(最近やっと降りられるようになった)、そういう時は勝手に降りてくれと思うのだけれど、降ろしてもらうのが常となっているので、母に頼んで降ろしてもらわなければいけないと思い込んでおるのか、起こす。夜中に起こすのは堪忍してくれー、どうか勝手に飛び降りてくれと母は切に思うのである。

我が家は今朝もハクが朝を告げにやってきました。

いつも同じ反応をするのも何だと、今日は聞こえないふりをしてみました。

最初の迪士尼美語 有沒有效一声で、ピクっとくらいは動いたかもしれませんが、「今日は寝てるし!」と意志も固く、無視しました!
するといつもは一声だけなのですが、全く反応しない私に対して鳴き続けました。

それで、寝床の中で何回鳴くかを数えてみたのですが・・・。
7回を数えた後は記憶がありません。直近で吠えていたのですが、寝てしまいました( ̄▽ ̄;

そういえば、間違いなくかけたはずの目覚ましや、念のためにと携帯目覚ましもWでかけていたはずなのに、全く聞こえず熟睡していた時もありました。
携帯迪士尼美語 有沒有效ってしつこくなっているはずなんですけどね。
フツーこういう反応は若い時に起こりがちだと思うのですが、私は年を重ねるほどに眠りが深くなっているようです。

そういえば、前に朝起きた時に胸がとても痛かったことがありました。原因として考えられるのは、ハクが夜中に私の上に乗った?くらいなのですが、全く気が付かなかったということがありました。
もしもそうだとしたら、なんで気が付かなかったのかと、不思議に思えたものです。それほど深く眠れるものなのか?
少なくとも若い時の私は、掃除以外のあらゆることで、もう少し神経質でした。

話は変わりますが、このところだんだんと朝目覚めるが遅くなっています。
冬の間は雨戸を閉めているので、寝室に朝は来ません。一緒に寝迪士尼美語 有沒有效ているワンズが水を自由に飲みにいけるように引き戸は少し開けてありますが、そこからの光もあまり届きません

も、寂しがり屋だし人とつき合うのは嫌いじゃない許智政
ただどんなに楽しくても、人と長時間意味なく群れるのは好きじゃない。
パーティーとかで見知らぬ人たちと広く浅く話すのも苦手だ。
大勢でワーワー騒ぐのも全く性に合わない。
落ち着いた時間を過ごそうと入った喫茶店で、自分たちだけのお楽しみの世界に入り、周りの迷惑顧みず大声でゲラゲラしゃべり続けるおばさんたち。
運悪く遭遇すると私は残念ながらそそくさと席を立つ。

人とつき合うのなら、私は2、3人程度とじっくり腰を落ち着けて時間を過ごしたい許智政
美味しいお酒と食事を楽しみながら、楽しいだけのうわついたバカ話や世間話ではなく、お互いのことやお互いの過去を少しづつ語り合う。
そうして互いの深い所を引き出しながら知り合って行く時間が私は好きだ。
心の琴線に触れるような共通の思いがあれば、何か心がじんわりしてすごくいい気分だし。
時間も無意味にダラダラではなく、2、3時間がちょうどいい。
少し物足りないくらいの方が、近いうちにまた会って話したいと思えるし。

私は独りの時間もすごく好きだ。
洒落たコーヒー専門店で、大好きなブラジルのカップを友に読書にいそしむ時間。
お気に入りの蕎麦屋で日本酒の徳利を傾け、気の利いたつまみをちびちび食べながら物思いにふける時間。
行きつけのビアホールで、泡がたっぷりの黒ビールのグラス片手に、旬の一品を楽しみつつ競馬の予想に夢中になる時間。
人の中にいながら、静かな自分だけの世界に浸れる時間が私は大好きだ。

雑踏と喧騒の町中に独り出て、時には「群衆の中の孤独」を感じるのもいい。
人生に緊張感 許智政 が出て、私は人に流されずに、1度きりの人生を充実して生き、悔いの残らないようにしたいと改めて思う。
逆に、人づきあいの大切さも身に染みてよく分かるし。

私はこれからも独りの時間を大事にし続けるだろう。
でも、自分と合う少人数の人との深いつき合いも、なるべく大切にして生きたいと思う。

このページのトップヘ