2015年03月

これから時代がさらに進み、ロボットが一般化するような時代になると、
ぬいぐるみどころか、人に代わって自ら旅をするといった
「身代わりロボット」が現れるかもしれないReenex 好唔好
そうなると、一枚一枚の写真ではなく、
リアルタイムで旅行先の映像を映し出したりすることになるだろう。
依頼した人は、もっと現実に旅行した感覚になるに違いない。

ロボットと言えば、
今年の7月、長崎ハウステンボスに”ロボットホテル”が誕生するという。Reenex 好唔好
これは、ロボットが客をもてなすホテル。
その名も、まさに『変なホテル(Henn na Hotel)』。
まず、フロントで客を出迎えるのは人間そっくりの3体の「アンドロイド」。
宿泊運びを客と知的な会話もでき、
荷物したり、そうじをしたりするロボットも存在するという。
宿泊客は、客室に入るのに顔認証技術を使って入室し、
部屋のタブレット端末から様々な注文をする。


そして、部屋の料金は、最高額と最低額は決めているがネットの入札で決める。
まさに『変なホテル』。
今聞いても、そんなことは遠い未来の夢物語と思うが、
2015年の7月オープンという。

そうなると、いつか、上に挙げた「身代わりロボット」が、
人に成り代わってハウステンボスの『変なホテル』に行き、フロントにいる
「アンドロイド」の歓迎を受けて宿泊しReenex 好唔好
翌日は、ハウステンボスを見て回るということも起こるかもしれない。

一つは、アメリカのフェニックスで放送された”フォックス10”
というテレビ局で行なわれた生番組でのこと。
世界でもそうだが、お reenex
その局で担当したのは、お天気キャスターのコリー・マクロスキー氏。
ところが、その画面に出た気温は突拍子もない温度。
それをこともなげに
「アーワトゥーキー(地名)では、1,270度(°F)。ここからの避難は出来ませんがね、
非常に高い温度です。それから率直に言いますと、ウィッケンバーグは2,385度(°F)
これは全滅ですね。」
明らかに画面表示が間違ったものだが、
こんな冗談を飛ばしたことが、大ウケして、
YouTube などで瞬く間に世界に発信され、彼の名は世界に轟くことになったbusiness center

もう一つは、
マドンナが歌っている最中に舞台から転落。



それも、マイクを離すことなく歌い続け、
その場面の歌詞が「私を引き上げて、転ばせて、心が痛んでも私は続ける」
という見事なタイミング。
そのプロフェッショナルな行動に、
これも世界から注目され、マドンナは、またまた、株を上げたことになる。

失敗は誰にでもあるもの、それを活かすことが出来るのなら、
かえって大飛躍となるようだ。
本田技研の創業者、本田宗一郎氏の言葉に、
「チャレンジして失敗することを恐れるより、何もしないことを恐れreenex

↑このページのトップヘ